お祝い品やお返し品が豊富に揃う焼き菓子ギフト

香典返し

お通夜や葬式の香典のお返しとして喪主からいただくのが香典返しです。
これは忌明け後に、 挨拶状に添えお礼の品を贈ります。
但し、忌明けの時期は宗教によってそれぞれ異なる考え方となっています。
仏式では四十九日の法要後、神式の場合では五十日祭のあとお返しを贈ります。
キリスト教のプロテスタントでは、死後30 日目の召天記念日、カトリックでは死後30 日目の追悼ミサのあとにお返しするのが通例となっています。
金額の目安は、お付き合いの程度によっても変わりますが「半返し」を目安にすれば問題はありません。
供花は、1万円~3万円と高価となる場合が多いですが香典と同様の考え方でお返しをお贈りします。
葬儀はかなり高額になる場合が多いですので、一家の長、稼ぎ頭が亡くなった場合は、香典返しをしなくてもよいとされています。
香典返しの品物としては、一般的には肉や魚というような、いわゆる「なまもの」がタブーです。
また嗜好品としての酒も香典返しの品とは言えませんし、おめでたいことに使われることが多い鰹節や昆布といったものも使うのはタブーとされています。それに引き換え、お菓子は香典返しなどの贈り物には、よくチョイスされる品物です。
これには理由があり、香典返しには「不祝儀を後に残さない」不祝儀は「繰り返される、後を引く、長引く」など不幸を重ねないという意味合いもあり「消えモノ(食べたら無くなるもの)」を贈るのが良いとされているからです。
香典返しの場合の「のしの表書き」には宗教に関係なく「志」が多く使われます。
関西から西日本では「満中陰志」とすることもあります。

包装やのしもお任せください
当店では、お客様の用途に応じて、ご用意いたしておりますので、ご安心ください。スィ―ツギフト専門店ならではの丁寧でセンスのよいギフト包装を行います。


のしの書き方

「のし上」には「志・満中陰志」とします。
「のし下」には喪主または施主の苗字、または○○家と書きます。

※「のし上」や「のし下」は、ご注文の際にショッピングカート内にてご指定できます。

※タテ(100mm)×ヨコ(74mm)
※メッセージカードはショッピングカートにて「⑦仏事用」メッセージをご指定ください。
※カードはショッピングカート内にてご指定できます。
仏事用全般メッセージカード文面
ごあいさつ
この度はご丁重なるご厚志を賜り
誠に有難く厚く御礼申し上げます。
つきましては供養のしるしまでに
心ばかりの品をご用意致しましたので
何卒ご受納くださいますよう
お願い申し上げます。
略儀ながら書面にて御礼申し上げます。
PAGETOP
Copyright © Le Saint Aulaye All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.