お祝い品やお返し品が豊富に揃う焼き菓子ギフト

年季法要

葬儀後の主な法要としては四十九日があります。
その後、死後一年目 の一周忌、死亡年を含めて3年目の三回忌、同じく7年目の七回忌、13年目の十三回忌、17年目 の十七回忌、その後、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌の法要があります。
ただ一般的には、三十三回忌を持って、弔い上げとすることが多いようです。
弔い上げとは、年忌の最後を言い、それ以降の仏事は行わないことになります。
ただ高齢化が著しい現代の社会では、故人の享年自体が高齢なこともあり、遺族や親せきもまた、高齢となります。
そのため三十三年もの年忌を重ねることも難しい現状がありますので、故人を知る人がいなくなったタイミングで弔い上げとするケースも増えています。
なお年季法要に来ていただく方へ法事の引き出物を贈ります。
引き出物には持ち帰りの際にも軽くてかさばらない「引き菓子」が一般的です。これは、法事の参列者が法要から帰宅された後家族と分かち合うお土産の様な意味合いがあります。
引き菓子の相場は1,000~3,000円程度。小分けできる個包装のもので日持ちの良い焼き菓子ギフトが選ばれています。

包装やのしもお任せください
当店では、お客様の用途に応じて、ご用意いたしておりますので、ご安心ください。スィ―ツギフト専門店ならではの丁寧でセンスのよいギフト包装を行います。


のしの書き方

「のし上」には「志・満中陰志・粗供養」とします。
「のし下」には喪主または施主の苗字、または○○家と書きます。

※「のし上」や「のし下」は、ご注文の際にショッピングカート内にてご指定できます。

※タテ(100mm)×ヨコ(74mm)
※メッセージカードはショッピングカートにて「⑦仏事用」メッセージをご指定ください。
※カードはショッピングカート内にてご指定できます。
仏事用全般メッセージカード文面
ごあいさつ
この度はご丁重なるご厚志を賜り
誠に有難く厚く御礼申し上げます。
つきましては供養のしるしまでに
心ばかりの品をご用意致しましたので
何卒ご受納くださいますよう
お願い申し上げます。
略儀ながら書面にて御礼申し上げます。
PAGETOP
Copyright © Le Saint Aulaye All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.